活動報告

「異文化交流」から「協働」のステージへ
「ネット21運動でつながるNPOと労働組合」

内容

 「ネット21運動でつながるNPOと労働組合」を、12月9日(土)ときわ会館にて開催した。構成組織・地協、福祉事業団体、NPO・市民活動団体等110名が参加した。
 第1部のシンポジウムでは、①「ネット21運動でできたこと」佐藤 ネット21事務局長、②組合と地域の市民・ボランティア団体との協働事例(NPO法人障害者の職場参加をすすめる会×越谷市職員組合、と、NPO法人北本福祉の会かがやきの郷×スバル労働組合)、③「パートナーとしての労組とNPO」をテーマに、篠田 徹氏(早稲田大学社会科学総合学術院 教授)による講演。
 第2部のティーパーティーでは新たなNPOと組合の出会いを狭山茶でつくった紅茶で乾杯し新たな交流を図った。
「NPOと労組の協働」を再確認し、今後連携強化をはかるためのシンポジウムとなった。